プラセンタ 太る

プラセンタで太るの?プラセンタ摂取でご飯が進む理由

プラセンタの効能として、食欲増進があります。

 

これは、プラセンタ特有の「成長因子」の働きで、
細胞が活性化されることにより、新陳代謝が良くなり、
新しい細胞をたくさん作り古い細胞と入れ替えているので、

 

たくさんのエネルギーをカラダが欲するためです。

 

 

これは正常なカラダの反応でもあるといえます。
この食欲増進の効能により、ついつい食べ過ぎてしまい、余分なエネルギーは蓄積され、
結果として体重の増加がみられる傾向があります。

 

 

特に20代から30代のカラダは、まだまだ脂肪を溜め込む傾向があります。

 

プラセンタは、栄養がたくさん含まれていますが、
栄養が取れていてもやはりお腹は空くもの。お腹が極度に空いた状態で、
ダイエットをしようとしても、精神的に負担になり、ストレスとなってしまいます。

 

 

ですから、無理に食事を減らそうとせず、通常の食事を取りながらプラセンタを摂取していく事をオススメします。

プラセンタ過剰摂取した副作用

気をつけなければいけないのは、食事の量よりもプラセンタを摂りすぎていないか?ということ。

 

過剰にプラセンタを摂取しても、排出されるばかりでなく、ニキビや生理過多、不正出血などにもなりかねません。

 

健康や美肌のためにせっかく摂っていても、これでは逆効果ですよね?

 

プラセンタの摂取量が多すぎるかな?と思うのであれば、
減らしてみたり、一旦中止してみるのも良い方法です。

 

 

また、単純に脂肪が増えて体重が増えるだけでなく、プラセンタの効果で筋肉や骨なども質も変わってくる可能性があります。
そういった良い意味での体重増加もあります。
プラセンタの飲みはじめごろが体重の増加が一番気になる時ですが、その後確実に基礎代謝も上がってきます。

 

ただ、個人差はありますので、自分の体重や状態を常に観察することもとても大切なコトです。

プラセンタ効果で基礎代謝アップ

また、プラセンタを止めたら太るの?という疑問もあるようです。
プラセンタの効果で基礎代謝があがり、細胞の新陳代謝が活発な時期なら良いのですが、
止めてしばらく経つとやはり効果は薄れていきます。

 

 

たくさん食べている状態を持続すれば、やはり太ると言えますが、
それはプラセンタの効果である「食欲増進」の作用ではありません。

 

そこは、やはり食事量を減らしてダイエットをするしか方法はなさそうです。

 

腹八分目を守り、過剰にカロリーを摂取したりしなければ、
特にプラセンタが原因で過剰に太ってしまうとはいえないと考えられます。

 

 

逆にダイエットに効果があるといわれるのも、この基礎代謝が上がるのが理由になります。

 

だからといって無理に食べるのを過剰に控えても、新しい細胞が生まれにくくなりますので、何事もほどほどにというのが良いといえると思います。