動物由来プラセンタ 特徴

動物由来プラセンタの特徴

動物由来のプラセンタとして、動物性プラセンタがあります。
動物性プラセンタには、ヒトや豚、馬や羊などが使われます。
これは、胎盤を使ったもので、ヒトと相性が良いのは、内蔵がよく似ている豚だといわれています。
最近注目を浴びている馬プラセンタには、必須アミノ酸が6種類入っているといわれ、
総アミノ酸量は豚の約250倍ともいわれています。

 

動物由来プラセンタ5種類に関しては、別記事で詳しく説明しています

プラセンタの種類とは?人、豚、牛、羊、馬の5種類

関連ページ

植物由来プラセンタの特徴
植物由来プラセンタの特徴、動物由来プラセンタとの違いや海洋性由来プラセンタの違いなど
海洋性由来プラセンタの特徴
海洋性由来プラセンタの特徴、植物由来プラセンタとの違いや動物由来プラセンタの違いなど