植物由来プラセンタ 特徴

植物由来プラセンタの特徴

植物性のものは、アセロラや大豆、ライ麦やトウモロコシなどから採取されます。
もちろん植物ですから、胎盤があるわけではないので、胎盤の代わりに、胎盤のような働きをする、胚座というものから作られます。

 

植物の胚座から抽出される植物性プラセンタには、動物性と同様のアミノ酸やビタミン群、ミネラル類が豊富に含まれています。
特に大豆には、女性ホルモンと同じ働きをする、大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

 

ただ、動物性由来のプラセンタと違い、成長因子が含まれていません。
成長因子とは、「細胞を作りなさい」という指示を出す司令塔と栄養を「成長成分」と変える因子のことです。
いわば「成長促進剤」のようなもの。美肌や美白効果は期待できても、細胞を活性化して、新しい細胞を作るという期待まではできないと思われます。

関連ページ

動物由来プラセンタの特徴
動物由来プラセンタの特徴、植物由来プラセンタとの違いや海洋性由来プラセンタの違いなど
海洋性由来プラセンタの特徴
海洋性由来プラセンタの特徴、植物由来プラセンタとの違いや動物由来プラセンタの違いなど