プラセンタ 特徴

プラセンタの種類と特徴

プラセンタの種類と特徴として大きく動物由来のもの、植物由来のもの、海洋性由来のものと3つに分けることができます
ここでは、それぞれのプラセンタに関しての特徴や効果を説明して行きたいと思います

 

プラセンタは大きく分けて3種類

動物由来プラセンタ

植物由来プラセンタ

海洋性由来プラセンタ

 

植物性プラセンタは、美白、美肌効果が期待でき、

 

海洋性プラセンタは必須アミノ酸量と栄養成分が高い点から、
もちろん、美肌効果も得られますが、カラダの疲れを回復させたりする効能もあるといえるでしょう。

 

動物性プラセンタは、体内の細胞を活性化する成分が入っていますので、
カラダ全体の若返りという効能が期待できるというわけです。

 

それぞれの特性がありますし、価格も違いますので、自分の目的にあったプラセンタを選ぶことが重要だといえると思います。

プラセンタの特徴記事一覧

植物性のものは、アセロラや大豆、ライ麦やトウモロコシなどから採取されます。もちろん植物ですから、胎盤があるわけではないので、胎盤の代わりに、胎盤のような働きをする、胚座というものから作られます。植物の胚座から抽出される植物性プラセンタには、動物性と同様のアミノ酸やビタミン群、ミネラル類が豊富に含まれています。特に大豆には、女性ホルモンと同...
詳細を見る
動物由来のプラセンタとして、動物性プラセンタがあります。動物性プラセンタには、ヒトや豚、馬や羊などが使われます。これは、胎盤を使ったもので、ヒトと相性が良いのは、内蔵がよく似ている豚だといわれています。最近注目を浴びている馬プラセンタには、必須アミノ酸が6種類入っているといわれ、総アミノ酸量は豚の約250倍ともいわれています。動物由来プラ...
詳細を見る
海洋性由来のものとして魚から作られるものがあり、主に鮭の卵巣膜が使われます。鮭の卵巣膜には、9種類の必須アミノ酸が入っており、それは6種類の必須アミノ酸が入っている馬プラセンタよりも数が多く、その上約30種類もの栄養成分を含んでいます。動物プラセンタにはない成分として、コラーゲンに付着して弾力性を持たせる効果のある「エラスチン」です。これ...
詳細を見る